webライター

webライターを始めるには?初心者向けのやり方をステップごとに徹底解説!

webライターを始めるには?初心者向けのやり方をステップごとに徹底解説!
もふこ
もふこ
子育てしながら家でwebライターをやってみたいけど、何から始めたらいいのかわからない
せいこ
せいこ
私の経験をもとに教えてあげるから大丈夫!

ここでは、webライターをこれから始めたいけど何をやったらいいのかわからないという初心者の方へ、webライターの始め方をステップごとにご紹介しますね。

また、実際に始める前に準備するものや必要なスキルについては、こちらにまとめているのであわせて参考にしてください。

webライターになるために必要なものやスキルは?特別な資格はいるの?
webライターになるために必要なものやスキルは?特別な資格はいるの? ここでは、webライターになるために必要なものやスキルについてご紹介しますね。 webライターになるために必要なものは...

【webライターの始め方ステップ1】クラウドソーシングサービスに登録

私もwebライターを始めたばかりの頃は、まずクラウドソーシングサービスに登録することからスタートしました。

クラウドソーシングサービスというのは、ネット上で様々な仕事の発注や受注ができる場所です。

仕事の発注者
仕事の発注者
韓国コスメに関する記事を書ける人いませんか?
仕事を探している人
仕事を探している人
ライターの仕事ができます!韓国コスメ大好きです!

仕事を依頼したい人と、仕事を探している人がオンラインでつながることができ、仕事の募集・発注から納品・報酬の受け取りまですべてがネット上で完結します。

いつでもどこでも生活スタイルに合わせた働き方ができるので、最近は特に注目が集まっているんですよ。

私が実際に利用したことがあるクラウドソーシングサービスは次の3つです。

クラウドワークスとランサーズは業界でも最大手で、サポートも充実しているし、取り扱っている案件も非常に多いです。

どれか悩むという場合は、クラウドワークスだけ登録しておけばOKです。

私は長年使い慣れているという理由で、クラウドワークスを主に利用しています。

せいこ
せいこ
どちらも無料で登録できるし、手順も簡単だよ!

では、クラウドワークスの登録手順について簡単に説明しますね。

  1. 登録画面からメールアドレスを入力する
  2. 登録確認メール内にあるURLをクリックする
  3. ユーザー名などの必要事項を入力して登録完了

3分くらいで完了です!

【webライターの始め方ステップ2】プロフィールなどの初期設定を完了

登録が完了したらプロフィールを入力しましょう。

webライターを始めるには?初心者向けのやり方をステップごとに徹底解説!

プロフィールはこのように表示されます。

お仕事を依頼する人が「この人にぜひ頼みたい」と思えるようなプロフィールにするのがベスト!ですが、最初は何を書いたらいいのかよくわからないですよね。

  • 職種は「ライター」を選択
  • これまでの経歴
  • 得意なことや興味があること
  • お仕事ができる時間帯

などを書いておくといいですよ。

プロフィールはあとでいくらでも修正ができるので、あまり悩み過ぎずにサクサクっと進めましょう。

また、

  • 本人確認の書類提出(運転免許証など)
  • プロフィール写真の設定
  • 秘密保持契約の締結

なども行っておくと信頼性が増します。

【webライターの始め方ステップ3】案件を探す

プロフィールが完成したら、さっそく案件を見ていきましょう。

webライターを始めるには?初心者向けのやり方をステップごとに徹底解説!

「仕事を探す」→「ライティング・記事作成」の順にクリックすると、現在発注されているお仕事の一覧を見ることができます。

まずはどんな内容があるのか見ながら、自分の興味あるものや得意なことに関する案件をピックアップしていくのがいいですよ。

webライターを始めるには?初心者向けのやり方をステップごとに徹底解説!

「気になる」をクリックすると「気になるリスト」というところに保存されるので、後でまとめてみることができて便利です。

【webライターの始め方ステップ4】案件に応募する

やってみたいな、という案件が見つかったら応募しましょう。

クラウドワークスのライティングのお仕事は

  • タスク形式
  • プロジェクト形式

の2種類があります。

タスク形式というのは、報酬などの交渉や契約をせずにクラウドワークス上ですぐに作業・納品ができるタイプのお仕事です。

初心者の方は、まずタスク形式のお仕事から取り組むのがやりやすいと思います。

プロジェクト形式というのは、依頼主が応募者の中から選んだ人と契約を結び、仕事を進めていくタイプのお仕事です。

ライティングの場合は、最初にテストライティングを設けている案件が多く、その結果で採用されるかされないかが決まります。

報酬はタスク形式よりプロジェクト形式の方が高く設定されていることが多く、お互いに相性が合えば長期的にお仕事を依頼されることもあります。

【webライターの始め方ステップ5】テストライティングを受ける

プロジェクト形式のライティングのお仕事に応募すると、ほとんどの場合「テストライティング」を受けることになります。

まず試しに1記事書いてみて、その内容を依頼主が見て採用するかどうかを決めるのです。

「テスト」と聞くとちょっと構えちゃうかもしれませんが、記事の書き方についてはマニュアルが用意されていて、丁寧に教えてもらえることがほとんどです。

それに、お仕事を受ける側としても、正式にお引き受けする前にどんな感じなのか試せるのはいいかなと思います。

テストライティングの結果採用が決まれば、契約を結んで、正式にお仕事開始となります!

まとめ

webライターの始め方について、具体的なステップごとにご紹介しました。

お仕事を正式に始めるまでの手順は

  1. クラウドソーシングサービスに登録
  2. プロフィールなどの初期設定を完了
  3. 案件を探す
  4. 案件に応募する
  5. テストライティングを受ける

です。

ぜひ参考にして、進めていってくださいね。