webライター

webライターの記事の書き方には型がある?初心者でも迷わないテンプレート!

webライターの記事の書き方には型がある?初心者でも迷わないテンプレート!
もふこ
もふこ
webライターをこれから始めたいけど、記事ってどうやって書くの?
せいこ
せいこ
最初は不安だよね!でも記事のテンプレート(ひな形)があるから大丈夫だよ!

ここでは、webライター初心者の方でもわかりやすい記事の書き方やテンプレートをご紹介します。

テンプレート通りに書けば、初めての人でも読まれやすい記事が書けるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

webライターが書く記事のよくあるテンプレート

webライターが書く記事のテンプレートは、だいたいこのような感じです。

本文の見出しは、内容によって増えたり減ったりしますが、2~4個に設定されていることが多いです。

では、導入文・本文・まとめ文をどのように書いていったらいいのかについて詳しく説明していきますね。

導入文

導入文は記事を検索してきてくれた人が最初に目にする部分なので、とても重要です。

「私が知りたいことは書いてないな」とか「面白くないな」と思われたら、読者はすぐに閉じてしまいます。

なので、自分が記事を読む立場になったとき「続きを読みたい」と思うような書き方を心がけるといいですよ。

もふこ
もふこ
そう言われると余計難しいな・・・
せいこ
せいこ
大丈夫よ!導入文にも型があるから
  1. 悩みに共感する
  2. 悩みをどうやって解決するか
  3. この記事に書いてあること
  4. この記事を読むメリット

この4つのポイントを意識して書くようにすれば大丈夫です^^

例えば、この記事の導入文を見てください。

1.悩みに共感する

もふこ
もふこ
webライターをこれから始めたいけど、記事ってどうやって書くの?
せいこ
せいこ
最初は不安だよね!

この部分です。

2.悩みをどうやって解決するか

せいこ
せいこ
でも記事のテンプレート(ひな形)があるから大丈夫だよ!

この部分です。

3.この記事に書いてあること

ここでは、webライター初心者の方でもわかりやすい記事の書き方やテンプレートをご紹介します。

この部分です。

4.この記事を読むメリット

テンプレート通りに書けば、初めての人でも読まれやすい記事が書けるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

この部分です。

内容によっては順番が前後したり、他の要素を入れたりするのももちろんOK!

しかし、あまり長すぎるとだらけてしまうので、簡潔にまとめるのがポイントです。

また、指定された「キーワード」を入れるように心がけましょう。

見出しと内容

webライターの記事の書き方には型がある?初心者でも迷わないテンプレート!

見出しは、その記事で知りたい疑問や悩みが疑問形であらわされていることが多いです。

例えば

  • アイスクリームの賞味期限はどれくらい?
  • アイスクリームは腐ることあるの?

という感じです。

webライターが書く記事は、疑問や悩みを解決するのが目的なので、内容の最初には見出しの答えとなる結論をまず書きましょう。

そのあとに、どうしてそうなるのかという理由や、実際に体験したことや調べたこと、具体例などを書くと説得力があります!

まとめ文

webライターの記事の書き方には型がある?初心者でも迷わないテンプレート!

まとめ文は

  • 記事で紹介した内容
  • 内容のおさらい(箇条書きでもOK)
  • 締めのあいさつ

を書きます。

記事の内容が長くなると、読んでいるうちに忘れていることもあるので、最後にもう一度大事なポイントを復習できるようにするといいですね。

他にも、関連する記事があればリンクを貼ったりするのもおすすめです。

さいごに

webライターが書く記事のよくあるテンプレートや書き方をご紹介しました。

クラウドソーシングサービスを利用してお仕事を受注する場合は、発注者がマニュアルを用意していて、記事のタイトル・見出し・キーワードなども指定されることがほとんどです。

ジャンルや内容によって多少の違いはありますが、だいたいはここで紹介した型に当てはまることが多いのでwebライターを始める前に知っておくと書きやすいですよ!

ぜひ参考にしてくださいね。